中途半端に感じてしまう雨

雨が降っていれば当然傘を差さなければいけませんが、状態によっては傘を差さなくても大丈夫ということがあります。
霧雨のような状態だったので、折り畳みの傘は持っていましたが、差さずに歩きました。

歩く距離はそんなに長くないのであまり気にすることはなかったのですが、ある程度の距離があると霧雨であっても濡れてしまうことになると思います。

傘を差すタイミング、雨の量の判断って結構難しいんじゃないかなと思いました。

長めの傘を持っていくと邪魔になってしまいますし、折り畳み傘だとすぐに差すことが出来なくなります。

それぞれ持っていくメリットとデメリットってあるような気がするのです。

霧雨の状態が朝だけだった場合には、帰りに傘を忘れてしまうような予感がします。

どの状態の時にどっちの傘を持っていくとよいのかな、とふと考えることもあります。
天気予報に応じて変えるのもよいですが、天気予報が確実にあたるわけではないので、雨の状態で朝から悩むこともあります。